#3 巨獣

気がつくと、そこは見たこともない世界だった。
孤独と不安のなか、渡は試練の旅を歩み出す。

#2 龍呼

スマホをなくして家に帰った渡はふてくされている。
その様子を見た父は、不意に不思議な舞を踊り出した。

石器、貨幣、電球、飛行機、スマートフォン。
人類の進化はとどまることを知らない。
全ての進化を生み出す原動力は、
過去の常識や限界にとらわれることなく、
昨日までの世界を超えていく強い意志。
進化は起こるものではなく、起こすもの。
本気でそう考え、
そうして実行する一家がいるとしたら――
龍守家が背負う宿命。
それは代々受け継がれる龍の力を駆使し、
時空を飛び越え、世界の進化を加速させること。
龍守家の一人息子、
龍守渡は何も知らずに
普通の大学生として生きてきた。
口癖は「無理だろ」。そんな渡が、
龍の力で突然、過去の世界に送られる。
想像力とGalaxyを武器に、
数々の時代を超える渡の成長潭が、いま始まる。

#1 水神

彼女にフラれて落ち込む龍守渡が、友人らと向かった時津湖。
そこで渡を待ち受けていた運命とは。

昨日までの、常識を超え
昨日までの、自分を超え
昨日までの、限界を超え
昨日までの、昨日を超え
そうして今日は生まれてく
昨日までを超えてゆけ

昨日までを超えてゆけ