高品質な360°映像コンテンツを自分でつくれる! Gear 360

高品質な360°映像コンテンツを自分でつくれる!

カンタンに撮れるのに想定外の面白さ!360°映像を楽しもう

ブログやSNSなどで動画の投稿を目にする機会が増えています。確かに動画は文字や静止画像に比べてインパクトがあり、注目を集めやすいコンテンツですが、これだけ数が増えてくると、普通の動画には飽き足りなくなってきたという方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、360°動画です。天地左右360°を見ることができる360°動画は、きっと、新しい映像体験を提供してくれるはずです。

そして、その撮影のために必要な360°カメラとして注目したいのが「Gear 360」。Gear 360は360度の動画をライブストリーミングでシェアできる、いわば「1人放送局」を実現できるカメラです。さっそくスマホやPCの専用アプリと連動して、360°映像体験を楽しんでみませんか?

  1. ・高品質な映像は、高機能なカメラから
  2. ・SNSでライブストリーミングを共有!
  3. ・使いやすく持ち運びにも便利!つい使いたくなるデザイン
まるでその場にいるかのようなバーチャル・リアリティ体験

高品質な映像は、高機能なカメラから

よりよい映像体験のためにまず気をつけたいのが、画像の美しさ、なめらかさ。そこで、カメラ選びの際に考慮したいポイントが、カメラが記録できる映像の画素数です。この画素数が多いほど、より精細でなめらかな映像になるからです。

「4K動画」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、通常のフルHD動画の4倍の画素数を持つ動画のこと。

その4K動画の特徴は、細部まで美しいことはもちろんですが、動きのある場面もくっきりと滑らかに再現できること。つまり、動画コンテンツとしてアピール度の高いスピード感のあるスポーツや、臨場感あふれるライブの様子などの撮影に4Kは最適なのです。そしてその4K動画を撮影できるのが、Gear 360というわけです。

また、Gear 360は360°の撮影を可能にするために本体のフロント側とリア側の2方向にレンズを備えていますが、そのレンズのF値はフロント、リアどちらとも2.2。一般的なコンパクトデジカメのF値は3.0前後ですが、このF値は小さいほど光を集めやすく、高画質な映像を撮れます。たとえば、夜のパーティー会場の盛り上がりもしっかりきれいに残せるというわけです。

そして、レンズを通して入ってきた画像を電気信号に変換するイメージセンサーは、フロント側とリア側ともに8.4メガピクセル。撮影対象の光や色の情報を余すところなく写し取り、再現性を高めます。

スマホやパソコン連動も簡単!

Gear 360のこのようなハイスペックなパーツが、4Kという高精細な映像の美しさをさらに引き立てているのです。

ところで高精細で臨場感ある360°の映像は、そのまま見てももちろん十分楽しめますが、Gear 360であれば、360°撮影ならではの、特徴のある映像を見ることも可能。

スマホの「Gear 360アプリ」を利用して、撮影した映像を「360°ビュー」「ストレッチビュー」「ラウンドビュー」「デュアルビュー」「パノラマビュー」の5つの表示モードで楽しむことができます。特殊加工をしたようなユニークな360°映像は、動画撮影に新しいヒントを与えてくれるかもしれませんね!

SNSでライブストリーミングを共有!

SNSでライブストリーミングを共有!

そして臨場感のある360°の映像を撮影したら、さっそく仲間とシェアしましょう!Gear 360には、映像をシェアするための方法が2つあります。まずひとつが、撮影した映像を Gear 360からスマホ本体に保存し、SNSなどでシェアする方法。もうひとつが、まさにいま見ている場面を360°動画で撮影しながら、SNSでライブストリーミングで配信する方法です。

たとえば、華やかな結婚式やパーティー、友人の出ているスポーツの試合や音楽系のイベント、あるいは自分がスキーやサイクリングのようなダイナミックなスポーツにチャレンジしている場面など、感動や楽しさの現場を、自分が見たそのままで雰囲気で共有できます。もちろん公開の範囲は指定できるので、プライバシーの面でも問題はありません。ぜひたくさんの仲間と、エキサイティングな360°の映像体験を、味わってください!

使いやすく持ち運びにも便利!つい使いたくなるデザイン

皆さんの中には、せっかく高機能なカメラを買ったものの、使いづらかったり、持ち運びしにくかったりで、自然と使う機会が減ってしまったという経験のある方は少なくないのではないでしょうか。いつでも持って歩きたいモノを選ぶときに、デザインは重要なポイントです。

そこで Gear 360が求めたのは「使いやすいデザイン」ではなく「使いたくなるデザイン」。たとえば、フロントとリアのレンズの形状を生かした丸みを帯びたフレンドリーなデザインは、温かみのあるキャラクターのようで、高性能な機器にありがちな冷たさを感じさせません。

もちろんデザインへのこだわりは快適な使用感も追究しています。撮影時に握るグリップは、360°撮影のための画角を確保したうえで、しっかりとしたグリップ感を得られるような形になっているだけではなく、握った感触も心地よいものにするために、軽くて柔らかいラバー素材を使っています。また関連製品との結合も容易にできるようにするため、さまざまな工夫をしています。

ほかにも、電源や録画など操作用のスイッチは白いボディに大きなボタンで配置されており、直感的な操作が可能です。さらに、長時間の撮影でも快適に使用できるよう軽量化も実現。Gear 360なら、長時間ビデオ撮影をしていたら腕が疲れてきた、などということもありません。記録メディアとしては256GBのmicroSDカードが利用でき、バッテリーも最長で130分の連続使用ができるので、長時間持ち歩いても安心です。

一度触ったら、何度でも触れてみたくなる。それが Gear 360の特徴です。高機能・高性能でテクノロジーを追究した Gear 360は、人間の感性をもデザインでゆさぶることでしょう。ぜひ Gear 360に触れ、360°の新しい映像体験にチャレンジしてください!