[Galaxy Note8をノートする]Sペン篇:感性を込めた、スマホの新しいコミュニケーションとは

感性を込めたスマホの新しいコミュニケーションを実現するSペン

Galaxy Noteシリーズは2011年に登場して以来、新しいスマートフォンの文化を築いてきました。今では「Sペンを使って大画面を利用する」というスマートフォンの新しいカテゴリを確立しています。アメリカ、イギリスなど5カ国のNoteシリーズユーザーに行ったアンケート調査(※)では、ユーザーの64%が、スマートフォンを使用する時にSペンを使う方がより効率的だと回答しました。最新のGalaxy Note8では、そのSペンがさらに便利に進化しています。では、Sペンが可能にする新しいコミュニケーション方法を探ってみましょう。

※ 出典:「[Infographic] Getting to Know Samsung Galaxy Note Users(2017)」(SAMSUNG NEWSROOM)
参考URL:https://news.samsung.com/global/infographic-getting-to-know-samsung-galaxy-note-users

  1. ・描いた軌跡が動き出す「ライブメッセージ」
  2. ・より本物のペンとノートに近づいたGalaxy Note8の「画面オフメモ」
  3. ・翻訳からぬりえまで。水にも強いSペン
Galaxy Note8 Sペン
モバイルメッセージの進化形。

描いた軌跡が動き出す「ライブメッセージ」

Galaxy Note8では、Sペンで新しい形式のメッセージを送ることができます。描いた軌跡が動き出す「ライブメッセージ」は、Sペンで書いた文字やイラストをそのままGIFアニメーションで送ることができます。通常の文字では伝えきれなかった気持ちを、Sペンで表現することができるのです。思いのままに書いた動くメッセージは、相手の画面に一度に表示されるのではなく、書いた順番通りにゆっくりと表示されるので、より表現力豊かに今の気持ちを伝えることができます。「ライブメッセージ」は、キーボードの'♡'マークのアイコンをクリック、もしくはエアコマンドを通して作成できます。

作成したGIFファイルはギャラリーに保存し、必要な時に再度活用することもできます。自分だけの動く手書きスタンプを作っておけるというわけです。GIFファイルを使ったライブメッセージは、メッセージやコミュニケーションアプリでの会話はもちろん、ソーシャルメディアにも投稿できます。また、ライブメッセージはOSや機種に関係なく受信可能です。

※ GIFファイルのサイズや長さによっては、ご利用中のソーシャルメディアやメッセージアプリでサポートされない場合があります。

ライブメッセージを作成する

モバイルメッセージは、これまでさまざまな形で発展してきました。1990年代に文字数に制限のあるショートメッセージ(SMS)から始まり、今では、文字や記号を組み合わせて感情を表現する顔文字、絵文字等の視覚的効果のあるコミュニケーションも増えました。そしてスマートフォン時代、インスタントメッセージとソーシャルメディアが一般化し、各種キャラクターや動く絵文字、スタンプ等を活用することで、感情をより豊かに表現できるようになりました。

特に、今年は誕生30周年を迎えたGIFアニメーションに人気が集まっています。容量の大きい動画や静止画とは異なる魅力を持つ、GIFアニメーション特有の「動く会話」が楽しさを増してくれるからでしょう。このような傾向に合わせて、インスタントメッセージとソーシャルメディアも続々とGIFアニメーションをサポートしています。

Galaxy Noteシリーズは、これまでもユーザーがSペンとカメラを使って、直接GIFファイルを作成できる機能を搭載していましたが、Galaxy Note8には新たに、Sペンを使って動画の一部を抜き出してGIFアニメーション化できる「スマート選択」機能を搭載しました。つまり、動画を見ながら、ほしい部分をキャプチャすることができるのです。また、カメラで撮影したものをGIF化する「Animated GIF」モードもダウンロードすることができ、会話の中でより豊かな感情表現ができるようになりました。

※ 他者の権利を侵害し、又は法令に違反するアニメーションは作成・利用しないでください。GIF機能提供側は、利用者の活動を管理するものではなく、作成されたアニメーションについて発生する責任は一切負いません。

Galaxy Note8 ライブメッセージ
画面オフのままで、いつでも自由にメモしたいなら?

より本物のペンとノートに近づいたGalaxy Note8の「画面オフメモ」

Galaxy Note8では、Sペンを本体から取り出すだけで、画面オフのまま最大100ページまでメモをとることができるだけでなく、Always on Displayで表示して、手元ですぐ見られるようにしたり、メモを修正することも可能です。画面オフメモも、実際のノートにメモする形により近づきました。

Galaxy Note8 画面オフメモを修正する

Galaxy Note8は、ぱっと思いついたアイディアをすぐにメモできるノートであり、目の届くところにあって、やるべきことを思い出させてくれるメモ用紙でもあるのです。また作成したメモは、Galaxy Notesに保存され、いつでも見ることができます。

Galaxy Note8 画面オフメモを修正する
ペンであり、指でもあり、マウスでもある。もし、それ以上が必要なら?

翻訳からぬりえまで。水にも強いSペン

Sペンは便利なボタンを搭載しています。このボタンを押すとSペンの便利機能がまとまったエアコマンドが表示され、メモ機能、スマート選択、ライブメッセージ、Bixby Vision、翻訳等、Sペンに特化した機能をすぐに使うことができます。またよく使うアプリのショートカットも追加することができます。ちなみに、Sペンをかざすだけで単語だけではなく文章の翻訳もすることができます。

Galaxy Note8 単位変換と翻訳

OCR(Optical Character Recognition)技術によって、テキストそのものや、イラストなどのイメージ上にある文章であれば、41カ国語を認識して翻訳することができます。また、Google翻訳を使えば、71カ国語(※2017年8月時点)にも対応可能です。貨幣や単位の変換にも対応し、金額、長さ、重さ等の量や単位がある情報にSペンをかざすと、スマートフォンの設定言語に合わせて、単位を変換してくれます。

sペンの翻訳機能

また、Sペンで豊かな感性を広げることもできます。直径0.7mmのペン先、4,096段階の筆圧認識、12種類のペン・ブラシ効果等を使って、繊細な文字やイラストを書くことが可能です。Sペンユーザーの絵を共有するSNS「PENUP(ペンアップ)」を利用すると、カラーリング(ぬりえ)の楽しさも味わえます。たくさんのスケッチの中から気に入ったものを選んで、Sペンで多様な質感と色を表現することができます。ペンアップで提供されるスケッチは今後さらに増えていく予定です。

sペンのカラーリング

Galaxy Note8は、スマートフォン本体だけでなく、SペンもIP68防水・防塵性能を搭載。雨や水気を気にせず利用できます。また、Sペンは電磁界を利用するEMR方式(電磁誘導方式)であり、水からの影響を受けません。多くの技術が集約されたSペンは、私たちの日常をしっかりと研究して生み出されたものなのです。Galaxy Note8があれば、快適なスマホライフを楽しめるだけではなく、生産性も一層向上することでしょう。

Galaxy Note8とSペンの防水機能

※ 記事中の画像には一部グローバル製品を含みます。
※ 画像はイメージです。