「Galaxy S9|S9+ 実践映像集」 〜 YouTubeで楽しもう!

※この記事はSamsungグローバル発の記事を翻訳したものです。
※記事中の画像にはグローバル製品を含みます。

いよいよ、Galaxyのニューモデルが公開されました。スペインのバルセロナにて3月25日(現地時間)に公開されたGalaxy S9とGalaxy S9+は、グレードアップしたカメラによるビジュアルコミュニケーション機能の楽しさに加え、さらに大きくなったディスプレイと強力なサウンドで、臨場感あふれるコンテンツを体感することができます。Galaxy S9とS9+によって味わうことのできる「新次元の楽しさ」を動画とともにご紹介します。

新しいカラーとInfinity Display

Galaxy S9とGalaxy S9+は、ベゼルの最小化によってInfinity Displayの臨場感を高めただけではなく、なめらかな曲線を描くエッジによって、デザインは従来を超える一体感を実現しています。新たに追加されたLilac Purpleのほか、すでに多くの支持を得ているCoral Blue、Midnight Blackの3つのカラーバリエーションが公開されました。

目に見えない瞬間までを捉える超高速カメラ

Galaxy S9とGalaxy S9+で初めて搭載された超高速カメラは、目には見えないわずかな瞬間を感知し、自動でスーパースローモーションビデオを撮影します。1秒当たり960フレームの速度で撮影することにより、子どもの表情の変化や爆竹が破裂する瞬間など、これまで速すぎて捉えられなかった日常のシーンを細やかに表現することが可能になります。

暗さの中で輝くデュアルアパチャー

Galaxy S9とGalaxy S9+には、より明るく鮮明な写真を撮ることができるデュアルアパチャーが搭載されています。デュアルアパチャーは、人の虹彩が明るい所では小さくなり、暗い所では広がるのと同じように、様々な環境に合わせて取り込む光量を自動で調節し、最適な条件で撮影してくれます。

自分にそっくりのスタンプ、AR絵文字

Galaxy S9とGalaxy S9+では、1回自撮り撮影するだけで、自分にそっくりの3Dアバターと、さまざまな感情表現が可能な18種類のAR絵文字スタンプが自動で作成されます。自分の個性を豊かに表現してくれるAR絵文字スタンプは、コミュニケーションの楽しさを格段に高めてくれることでしょう。

進化したインターフェイスで、さらに賢くなったBixby

AR(拡張現実)技術とインターフェイスの進化とともに、Bixby機能がさらに向上しました。Galaxy S9とGalaxy S9+に搭載されたBixby Visionを使って、今、目で見ているもの以上の情報をリアルタイムに得ることができます。リアルタイム翻訳、ワイン、料理など9つのモードのうち1つを選択して、カメラを対象物に向けると、即座に画像が分析され、知りたい情報が画面に表示されます。

深みのある写真撮影の秘訣、デュアルカメラ

Galaxy S9+は、1回のシャッターで遠近感の異なる2つの画像を撮影できるデュアルカメラを搭載。「ライブフォーカス」機能を使えば、その2つの画像を合成して、指定した被写体に焦点を合わせた立体感のある画像が作成されます。さらに、ぼやけた背景の中で輝く小さな光を、ハート、星、雪の結晶など10種類の形にすることができ、日常をよりロマンティックに記録します。

臨場感あふれる3次元ステレオサウンド

Galaxy S9とGalaxy S9+では、コンテンツへの深い没入感を堪能できるよう、世界を代表する音響専門企業ハーマングループのAKGがチューニングを手掛けたステレオスピーカーを搭載しています。立体感のあるDolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応し、まるでコンテンツの中に飛び込んだかのような臨場感を味わうことができます。

セキュリティの利便性を高めるインテリジェントスキャン

Galaxy S9とGalaxy S9+の「インテリジェントスキャン」は、人間の脳のメカニズムをコンピュータ上で人工的に再現した深層学習(ディープラーニング)に基づいた先端技術の応用により、顔と虹彩の情報を同時に分析。状況に応じた最適な組み合わせでロックを解除します。指紋認証センサーは、Galaxy S9とGalaxy S9+を手に持った時に最も自然に指が届く位置に配置され、1回のスライド動作で素早く指紋登録を行うことができます。

拡張の可能性を無限に高める、Samsung DeX

スマートフォンの用途をPCに拡張するSamsung DeXも新しくなりました。Galaxy S9またはGalaxy S9+を新たなDeX Padに接続すると、ノートパソコンのタッチパッドのように使うことができます。さらに、モバイルゲームをパソコンのモニター上で楽しむことも可能です。