データデトックス:スマホのデジタルセキュリティを強化する方法

※この記事はSamsungグローバル発の記事を翻訳したものです。
※記事中の画像にはグローバル製品を含みます。

PRODUCTIVITY / LIFE

デジタルフットプリントを
最小限に抑えて
モバイルセキュリティを
最大化する

Alexandr Ivanetsによる動画/Stocksy

スマートフォンの大規模なデータ流出、個人情報やパスワードの漏洩。パニックになりそうな事態の発生です。
ですが、デジタルセキュリティは通常、事件の重大さに気づくまで(または、その脅威を直接経験するまで)、
後回しにしがちなものです。とはいえ、無理にメールアドレスの登録を避けたり、
スマートフォンのカメラにカバーをつけたりして暮らす必要はないのでご安心ください。
ここでは、スマートフォンで安全にネットサーフィンを行い、できるだけ痕跡を残さない方法をいくつかお教えします。

シークレットモードを活用する

ネットで素敵なブーツを見つけ、給料日など購入できそうなときにもう一度チェックしようとしたら、ニュースフィードの広告に、まさにそのブーツが表示されていたことはありませんか? このずる賢いけれど優れたマーケティング手法からも、ネット検索は必ずしもこっそり行えるわけではないと分かります。ブラウザの履歴やCookie(ウェブサイトが追跡するために使用するデータ)、キャッシュされたファイルを定期的に消去するだけでなく、ブラウザのシークレットモードを使用するようにしてください。この機能は、毎回のセッション終了時にCookieをリセットするので、ウィンドウを閉じると同時に個人データや検索履歴が完全に消去されます。公共のパソコンでログインしてEメールをチェックする場合や、カートに戻してと誘惑してくるブーツを見たくない場合など、この機能が役立つ場面は少なくありません。

ヒント

シークレットモードはより安全ですが、ウィルスなどのマルウェアから守ってくれるわけではありません。OSは必ず最新のものにして、ウイルス対策アプリを有効にしておきましょう。

怪しいメールを見極める

ほとんどの場合、怪しいメールやフィッシングメールは受信箱に届く前にメールサービスが阻止してくれます。しかし、それをすり抜けてしまうメールもたくさんあるのです。そのため、リンクや添付ファイルをクリックする前に、まずメール全体を注意深く読むことが大切です。あなたを騙して悪質なサイトに誘導していないか、脅迫まがいの手で個人情報や金銭を要求していないかを見極めます。送信者のメールアドレスに問題がなさそうで、自分が定期的に使っているソーシャルメディアプラットフォームやブランド、団体からのメールのように見える場合でも、ウェブサイトを直接訪問するか、確認済みのメールアドレス宛てに問い合わせのメールを送るとよいでしょう。これは、信頼できる自分のアドレス帳に登録されているアドレスから受け取った場合でも同様です。もしかしたら、友達のアカウントがハッキングされているかもしれません。よくあるフィッシング詐欺や危険信号について最新の情報をネットで確認しておき、怪しいメールを受信した場合は警察に通報してください。

リンクや添付ファイルを
クリックする前に、
メール全体を注意深く読みましょう。

自身の情報をインターネットで検索してみる

時には、ハッカーの立場で考えてみる必要があります。定期的にエゴサーチをすると、デジタルフットプリント(ここではネット上の自分の評価に影響を与える公開情報のこと)を俯瞰的に捉えることができます。現実世界の評価がどんなに高くても、検索結果の中には、別の角度から書かれているものや、知られたくない情報があるかもしれません。自宅の住所や推定資産、既読記事のリストなど、削除したい個人情報がある場合はサイトの管理者に連絡してください。また、時間を節約して安心を得るために、この種の作業を代行するオンライン企業を探すこともできます。

ファイルを完全に削除する

郵便物を捨てる前にシュレッダーにかけるように、デジタルファイルにも同じことをする必要があります。残念なことにスマートフォンで「削除」されたファイルは全て、かなり簡単に復元できます。モバイルセキュリティアプリを使えば、他人が復元できないようにファイルを消去できます。Eメールについては、メールサービスには「ゴミ箱へ移動」と「完全に削除」の両方のボタンがあるので、状況に応じて選択するようにしましょう。

Galaxy S10Galaxy S10

Galaxy S10

ロック解除やログインの際に超音波指紋認証センサーなどのモバイルセキュリティ機能を利用しましょう。

金庫のような
セキュリティ

私たちは皆、他人に知られたくない個人情報を持っています。
Galaxy S10やS10+のようなスマートフォン端末を使えば、
確実に機密情報を保護できます。
内部に複数のセキュリティ層を構築するデータ保護プラットフォーム、
Knoxと組み合わせた超音波指紋認証センサーは、
指紋認証だけで機密情報のロック解除が可能です。
パスワードを覚えておく必要はありません。

関連製品を見る