スマホのロックのスタンダードに!奥が深い生体認証の世界とは?

Galaxy Intelligent Scan

最近のスマホは指紋認証や顔認証、虹彩認証といった「生体認証」がスマホ画面ロックの方法としてスタンダードになってきました。この生体認証はスマホだけでなく様々なシーンのセキュリティ強化に活用されています。今回は、この生体認証の仕組みや活用シーンについて解説します。

生体認証って何?
生体認証の種類と特徴

まずは、生体認証の基本について紹介しましょう。生体認証とは、読んで字の如く自分自身の身体を使って本人認証を行う仕組みです。指紋、瞳、顔の形などは一人ひとりに固有のもので、他の人と全く同じということはありえないと言われています。その特徴を活かして、身体の特徴をその人を認証するためのカギとして利用するのです。

生体認証の種類は幅広く、スマホで利用されているものでは指紋を使う「指紋認証」、顔の輪郭や凹凸を利用する「顔認証」、瞳の中にある虹彩を利用する「虹彩認証」がありますが、その他にも指の静脈を使う「静脈認証」、声の声紋を使う「声紋認証」、目の網膜にある毛細血管を利用する「網膜認証」、手のひらの形や特徴を利用する「掌形認証」など様々なものが存在します。利用シーンも、スマホ画面ロックの解除だけでなく、高いセキュリティが求められる研究施設や工場、オフィスなどへの入室手段として使用されたり、身近なところでは銀行のATMで暗証番号の代わりに静脈認証が使用されたりするケースも増えてきました。

こうした生体認証を取り入れている施設では、従来の物理的なカギやパスワードでは盗まれたり偽造されたりするリスクがあるため、それを回避する狙いがあります。生体認証は本人の身体そのものがカギになるため、偽造や盗難ができません。つまり、生体認証は重要な情報や資産を保護する高度なセキュリティを実現する技術なのです。

スマホに高いセキュリティが
求められるのはなぜ?

では、その生体認証がなぜスマホに取り入れられたのでしょうか。指紋認証や顔認証、虹彩認証は、パスコードやパターンを画面に入力する手間を省けるので便利ですが、決して利便性だけが採用の理由ではありません。

いま、様々な機密情報やプライバシーが保存されているスマホは、ユーザーにとって財産といってもいいだけの価値を持っているといえるでしょう。SNSなどのアプリにはそれぞれサービスを利用するためのIDとパスワードが保存され、お買い物アプリにはクレジットカードなどの決済情報も保存されています。また、撮影した写真や友人・知人の連絡先、メールのやりとりもすべてひとつのスマホに保存されています。おサイフケータイ®にクレジットカードや交通系ICカードを保存していれば、お金を持ち歩いているのと同じです。そうした中で、スマホを盗まれて内部の情報にアクセスされるということは、保有しているあらゆるデータを盗まれてしまうのと同じであり、ユーザーのデータを保護するためには強固なセキィリティを実現することが必要なのです。

Galaxy S9 | S9+では、ユーザーのニーズに応じてあらゆるセキュリティ対策ができるよう、幅広いスマホ画面ロックの方法を提供しています。生体認証では、指紋認証、顔認証、虹彩認証を採用しているほか、パターン認証、パスコード、PINロックといったロック方法を自由に選択することが可能。ユーザーの利用シーンやロック解除方法へのニーズに合わせて柔軟に手段を選択できることで、確実にスマホに保存されたデータを保護することが可能です。

虹彩認証の「虹彩」って何?

ところで、Galaxy S9 | S9+が採用している「虹彩認証」の仕組みについて、もう少し詳しく解説してみましょう。人の瞳には黒目と白目がありますが、「虹彩」とはその間にある色のついた部分を指します。この色は人によって異なりますが、主に茶色、青色、グレーなどが多い傾向があります。この虹彩は黒目(瞳孔)に光を取り入れる量を調節する役割を果たしており、黒目が大きくなったり小さくなったりするのは、この虹彩が伸びたり縮んだりしているから。虹彩認証では、この虹彩に含まれている細かい線状の模様がひとり一人全く異なるという特性を活かして、個人を認証する手段に使用しています。

虹彩認証は薄暗い場所でも使用できるという特長を持っており、Galaxy S9 | S9+は顔認証と虹彩認証を組み合わせて、ユーザーのシチュエーションに応じて相互に使い分ける「インテリジェントスキャン」という認証方法を採用しています。使用環境に合わせたスマホ画面ロックの方法を選択して、安全にスマホを利用しましょう。

関連製品を見る