初日の出をスマホで感動的に撮るには?人気フォトグラファーがコツを伝授

平成最後の初日の出を、美しく感動的に撮ってみませんか?

でも、初日の出の撮影は、カメラ初心者にとっては難しそうですよね。明け方の薄暗い光の中だと、写真が真っ暗になったり、逆に太陽の輪郭が分からないほど明るくなってしまったり…。

そんな初日の出の撮影を成功させるテクニックを、Instagramで33万人超のフォローを集めるフォトグラファーの高橋伸哉さんに教えてもらいました!高橋さんが実際に琵琶湖のほとりに建つ白(しら)鬚(ひげ)神社に行き、Galaxy Note9で撮影した写真も必見です。

日の出を感動的に撮る4つのテクニック

高橋さんが教えてくれた、Galaxy Note9の「プロモード」を使った撮影テクニックをご紹介していきます。
「プロモード」とは、撮影設定を細かくカスタマイズし、自分好みの写真が撮影できるモードのことで、ISOやシャッタースピード、色調など6項目を自由に設定することができます。

1.ISO感度を低く設定する

ひとつ目のテクニックは、「ISO感度を低く」設定すること。薄暗い明け方の撮影ではノイズが乗りやすくなりますが、ISO感度を下げることでそれをカットすることができます。
ただし、ISO感度を下げると写真が暗くなりすぎてしまうので、シャッタースピードで明るさを調整しましょう。シャッタースピードを遅くするほど、光を取り込む量が増え、写真が明るくなります。
今回の撮影では、ISO感度を64まで下げ、シャッタースピードは1/2000秒に設定しました。

Galaxy LIFESTYLE「初日の出をスマホで感動的に撮るには?人気フォトグラファーがコツを伝授」:Galaxy Note9の「プロモード」で撮影(F値1.5、シャッタースピード1/2000秒、ISO感度64)
Galaxy Note9の「プロモード」で撮影(F値1.5、シャッタースピード1/2000秒、ISO感度64)

2.ホワイトバランスは暖色寄りに

ホワイトバランスを調整することで、写真の印象を変えることができます。
日の出撮影での高橋さんのおすすめは、暖色寄り(「晴天」~「曇り」など)のホワイトバランス。朝焼けのオレンジ色がより強調され、ドラマチックな雰囲気の日の出が撮影できます。
一方で、より朝の清涼感を強調したい場合は、「蛍光灯」など寒色寄りのホワイトバランスに設定するのもよいでしょう。

3.構図は空と海を3:7の比率に

感動的な日の出を撮影するために、必ずしも構図は限定されません。
とはいえ、美しく見えやすい構図はあり、高橋さんのおすすめは「海と空の比率を3:7」にした構図です。
日の出のシーンでは多くの場合、太陽が空を照らし、空の雲が焼けて感動的な要素になります。そのため、構図の中に空を多めに入れると、ドラマチックな日の出を演出できるのです。

Galaxy LIFESTYLE「初日の出をスマホで感動的に撮るには?人気フォトグラファーがコツを伝授」:Galaxy Note9の「プロモード」で撮影(F値1.5、シャッター速度1/2000秒、ISO感度64)
Galaxy Note9の「プロモード」で撮影(F値1.5、シャッター速度1/2000秒、ISO感度64)

4.撮影準備をしっかりと

撮影の前に、まずは初日の出の時間を把握しておきましょう。地域にもよりますが、日本国内では、7時前後が日の出時間になります。そして、これも基本的なことですが、寝過ごさないように注意しましょう。
人気の日の出スポットでは、早めに行って場所取りをし、待機することになります。待機中は体が冷えやすいので、防寒対策はしっかりと。
さらに、日の出の位置を特定できるアプリをダウンロードすれば、ベストポジションを把握できるようになります。

Galaxy LIFESTYLE「初日の出をスマホで感動的に撮るには?人気フォトグラファーがコツを伝授」:Galaxy Note9の「プロモード」でズーム撮影(F値1.5、シャッター速度1/2000秒、ISO感度64)
Galaxy Note9の「プロモード」でズーム撮影(F値1.5、シャッター速度1/2000秒、ISO感度64)

細かい設定は一切不要!シーン判別機能とは?

確かに「プロモード」は様々な設定をカスタマイズできるので、カメラ上級者が自分好みの写真を撮るときには大変役立ちます。
しかし、カメラ初心者の中には、そうした設定ができるか少し不安という人もいるのでは?
そんなときに活躍するのが、Galaxy Note9のカメラに搭載された「シーン判別機能」です。「シーン判別機能」は、「食べ物」「日の出・日の入り」「花」「室内」「風景」など20種類の撮影対象を自動検出し、それらのシーンの分析に基づいて色調を自動的に調整してくれます。
プロのフォトグラファーは、写真のジャンルによって最適な光や色彩の設定を使い分けています。そのテクニックを、技術や経験に関係なく、誰でもすぐに使えるようにした夢の機能が「シーン判別機能」なのです。
「プロモード」をすでに使いこなしている高橋さんにも、「シーン判別機能」にお任せで日の出を撮ってもらいました。それがこちらの写真です。

Galaxy LIFESTYLE「初日の出をスマホで感動的に撮るには?人気フォトグラファーがコツを伝授」:Galaxy Note9の「シーン判別機能」で撮影
Galaxy Note9の「シーン判別機能」で撮影
Galaxy LIFESTYLE「初日の出をスマホで感動的に撮るには?人気フォトグラファーがコツを伝授」:Galaxy Note9の「シーン判別機能」で撮影
Galaxy Note9の「シーン判別機能」で撮影

いかがでしょうか?高橋さんが「プロモード」で撮った写真とはまた違いますが、全体的に明るく華やかで、水面や雲の繊細の色彩もしっかりと捉えられています。
「プロモード」と「シーン判別機能」を比べてみると、どちらも非常に美しいですが、その差は一目瞭然ですね。「シーン判別機能」は設定を自動で最適化してくれるので、初心者でもプロのような一枚になります。カメラの腕前が上達すれば、「プロモード」で設定を変えて、自分の感性を発揮した色調に挑戦してみましょう。

Galaxy LIFESTYLE「初日の出をスマホで感動的に撮るには?人気フォトグラファーがコツを伝授」:Galaxy Note9自動モードでの撮影時にHDRをオンにすると、カメラが捉えられる明るさの幅が広がります。

さらに、自動モードでの撮影時にHDRをオンにすると、カメラが捉えられる明るさの幅が広がります。HDRとは、自動的に違う明るさの写真を複数枚撮影し、写りのいい部分を一枚に合成してくれる技術のことです。

Galaxy Note9の使用感は?

Galaxy Note9のカメラで最大の進化は、やはり「シーン判別機能」が大きいです。「プロモード」よりも「自動モード」の方がきれいに撮れると思うことも増えてきました。あと、Sペンによるリモート撮影はすごく便利ですね。

Galaxy Note9なら、「プロモード」で自分好みの写真を撮るのもいいですし、「シーン判別機能」で手軽にハイクオリティーな写真を撮るのもよいでしょう。今年の年越しは、最高に感動的な初日の出の写真を撮って、Instagramにアップしてみてはいかがですか?
高橋さんによると、山や水辺に行かなくても、都市でもビルの高層階に行けば、かっこいい初日の出を撮ることができるとのこと。みなさんもぜひ、お好きな場所で撮影にチャレンジしてみてくださいね。

プロフィール

高橋伸哉フォトグラファー

Instagramの総フォロワー数は33万(2018年7月現在)
共同執筆による書籍「ドラマチック写真術」は技術本として好評につき12000部発行となり更に増刷(4刷目確定)インプレス新刊「ポートレート写真術」も好評により増刷が決定。
- 東京カメラ部10選2016に選出
- 企業やカメラメーカーとのタイアップ企画、雑誌掲載、動画講座カーボンのデジタルコンテンツを配信するなど幅広く活動。
8月からはフリーフォトグラファーとして、講演やトークショーなども控えており益々活躍の場を広げていく。

@t.1972 @s.1972

関連製品を見る