Galaxy S10搭載のBixby ~よりパワフルに、よりパーソナルに [Galaxy S10徹底解説]

※この記事はSamsungグローバル発の記事を翻訳したものです。
※記事中の画像にはグローバル製品を含みます。

Galaxy S8と S8+で初めてBixbyを搭載して以来、当社はより直感的でインテリジェントに、そしてユーザーにとっての利便性を高めるために、AIプラットフォームの改良を続けてきました。

そしてGalaxy S10シリーズにおいて、Bixbyを次のレベルに引き上げました。Bixby VoiceとBixby Visionに新機能を追加し、さらにカスタマイズ可能なBixby Routines機能を追加してより便利に使えるようになりました。

それでは、Bixbyの最新ツールがユーザーの一日の活動を効率化するのにどのように役立っているか詳しく見てみましょう。

Bixbyの機械学習でルーティンを簡単に

時間は大変貴重なので、私たちは皆、一日を有効に使うためにルーティンを作っています。そこで私たちは、ユーザー独自のルーティンを学習して時間の節約方法を提案する優れた機能、Bixby Routinesを開発しました。

Bixby Routinesは機械学習を利用し、端末の使い方からその人独自のパターンや好みを分析します。そこで得られた情報を利用して、特定のアプリ、設定、機能の組み込みなど、簡単に設定できるルーティンを提案します。即座に複数のタスクを自動化できるので、時間の有効活用に役立ちます。

9つの便利なプリセットオプションを提供するのに加えて、 Bixby Routinesは最大6つのルーティンをカスタマイズできます。特定の時間や場所でユーザーがどのように端末を使うかを学び、それらをまとめて実行してくれるのです。例えば就寝の際に、Galaxy S10は自動的に夜間モードをオンにして明るさを下げ、消音モードにするなど、ユーザーの「就寝前のルーティン」を実行することができます。非常に簡単で便利です。

Bixby Visionを使って即座に読み取る

カメラに内蔵されたAIで画像認識能力が向上し、様々なオブジェクトの認識が可能となったことにより改良されたBixby Visionは、最先端のAR機能を備えています。

Bixby Visionのレンズモードも拡張され、新しく加えられたWish Listオプションを始めとして、多くの画像認識オプションが含まれています。買いたい商品を見つけたら、Wish Listで画像を保存し、後から見ることができます*¹。

新機能のAppsモードは、日常生活でARを活用するためのより便利な方法を提供します。例えば、新製品のサングラスや化粧品のバーチャル試着ができるだけでなく、髪を染めたらどんな風に見えるか、購入しようと考えている家具や電気製品を部屋に置いたらどのように見えるか、などを教えてくれます*²。

さらにAppsモードでは、新しいPicture Play*³機能を利用して興味のある映画に関する情報を簡単に得ることができます。公開予定の映画のポスターを見たら、 カメラをかざすだけですぐに予告編を見ることができます。

ハンズフリーの利便性

Galaxyのユーザーは手がふさがっている時、 Bixbyに頼んでウェブ検索や予約、アプリの起動などを行うことに慣れていることでしょう。今回、Bixbyに新しくVoice Unlock*⁴機能が搭載され、端末がロックされていてもBixbyを有効化して指示を出すことができるようになったので、より快適にBixbyを活用できるようになりました。

Bixby Voice Unlockを使用すると、端末が手の届かないところにある場合でも、簡単にBixbyを利用することができます。例えば、夕食の準備中に特定の材料の分量をレシピでもう一度確認したい時、Bixby Voice Unlockを使って「Hi, Bixby」と声をかけると、ソースや食べ物で画面を汚すことなくスマートフォンのロックを解除してBixbyにレシピを出してもらうことができます。

Bixbyを自分仕様に

ユーザーがBixbyの便利なボタンをもっと自由に活用できるように、Galaxy S10ではBixby Key Customization*⁵ を追加しました。このボタンをカスタマイズしてBixbyの起動を1回押しと2回押しから選択できたり、他のオプションを割り当ててお気に入りのアプリやQuickコマンドを起動することもできます。これも、Bixbyをカスタマイズして便利に使う1つの方法です。

Quickコマンドに関しては、Bixbyのアップグレードによって、カスタマイズしたQuickコマンドを簡単に友人と共有できるようになりました。

Quickコマンドを用いると、1つあるいは複数のコマンドを1つの単語やフレーズに置き換えることができるので、Bixbyをもっと便利に使えます。 Quickコマンドを自由にカスタマイズし、すぐにアクセスできるようにホーム画面でショートカットアイコンとして保存できます*⁶。 大きな声を出せないような状況ではこれがとても役に立ちます。 例えば映画を観るとき、 「Movie Time」のQuickコマンドのアイコンをタップすれば、Bixbyはすぐに端末をサイレントモードに切り替えて明るさを最小に、画面をオフにするので、ユーザーはゆっくりくつろいで、他に気を取られることなく映画を楽しむことができます。

そして、Galaxy S10でお好みのQuickコマンドを作成し、それを誰かに送りたいと思ったら「共有」をタップするだけで、テキストメッセージやメッセージアプリですぐに送信できます*⁷。

*1 サービスの提供は国によって異なります。
*2 サービスの提供は国によって異なります。
*3 サービスの提供は国によって異なります。
*4 Bixby Voice UnlockはGalaxy S10と互換性があります。以前発売された、Android Pie OSを使用しているBixby対応のフラッグシップスマートフォンの場合は、ソフトウェアアップデートで追加できます。
*5 Bixby Key CustomizationはGalaxy S10と互換性があります。Android Pie OSを使用している、以前に発売されたBixby対応のフラッグシップスマートフォンの場合は、ソフトウェアアップデートで追加できます。
*6 Quickコマンドの「ホーム画面に追加」機能はGalaxy S10で利用可能です。以前発売された、Android Pie OSを使用しているBixby対応のフラッグシップスマートフォンの場合は、ソフトウェアアップデートで追加できます。
*7 Quick コマンドの「共有」機能はGalaxy S10で利用可能です。以前発売された、Android Pie OSを使用しているBixby対応のフラッグシップスマートフォンの場合は、ソフトウェアアップデートで追加できます。

関連製品を見る