Galaxy S10のパフォーマンス ~かしこく、パワフルに [Galaxy S10徹底解説]

※この記事はSamsungグローバル発の記事を翻訳したものです。
※記事中の画像にはグローバル製品を含みます。

Galaxy S10シリーズは機械学習ベースのソフトウェアを搭載し、ユーザーが端末を最大限に活用できるように設計されています。

全く新しいパワーシェア機能やAI駆動のパフォーマンス効率化、そしてインテリジェントなWi-Fiサポートによって、Galaxyの最新フラッグシップデバイスはこれまでで最もスマートな製品となりました。これらの素晴らしい革新的技術によってユーザーのネットワーク接続や充電、そしてパワーがどのように変わったのかを見てみましょう。

ユーザーの利便性に配慮したパワーシェア

Galaxy S10シリーズは、端末自体が非常に優れているだけではありません。全く新しい視点から生み出された最先端技術によって、他のモバイルデバイスを充電することができるのです。

スマートフォンに内蔵された充電パッドと新しい"Wireless PowerShare技術"により、ユーザーは自分の端末を使って、互換性のあるQi認定のスマートフォンやウェアラブル端末を簡単に充電することができます。*¹ つまり、 Galaxy BudsやGalaxy Watch Activeのバッテリー残量が少なくなった時は、Galaxy S10を使って充電ができるのです。パワーシェアには追加のプラグやケーブルが必要ないので、コンセントが見つからないといった緊急の状況にはうってつけです。

また、Galaxy S10では、本体と、互換性のある別のデバイスを、有線充電器1台で同時に充電することもできます。旅行中は特に、コードや充電器をたくさん持ち歩かなくてよいのでとても便利です。

また、Fast Wireless Charging 2.0に対応しているため、新しいWireless Charging Duo Padを使用すれば、Galaxy S9と比較して最大33パーセント*²早く充電できます。Wireless Charging Duo Padは、発熱を防いでより早く安全に充電するためにターボ冷却ファンを採用しています。Galaxy S10がこのテクノロジーに対応していることにより、スマートフォンが充電デッキにとどまる時間は短くなり、ユーザーの手元で長時間、1日の効率化のお手伝いをすることができるのです。

パフォーマンスをカスタマイズ

スマートフォンの利用の仕方はユーザーによって異なるので、Galaxy S10には、ユーザー独自の使用パターンに基づいてパフォーマンスを最適化する高性能なAI駆動ソフトウェアが搭載されています。

スマートフォンの Intelligent Performance Enhancer(インテリジェント・パフォーマンス・エンハンサー)がバッテリーやCPU、RAM、そして端末の温度まで自動的に設定を調節するので、安定した素早いパフォーマンスをお約束します。そのため、よく使うアプリの起動は早くゲームプレイもスムーズで、ユーザーが最も必要とする時に合わせて端末のパフォーマンスが最適化されます。また、ユーザーそれぞれの習慣を継続的に学習、それに基づいて調節するので、端末を使えば使うほどカスタマイズが進み、便利に使えるようになるのです。

また、アプリの使用に基づいて電池を最適化するAdaptive Power Savingモードを備えています。この革新的なテクノロジーは、使用頻度に基づいてアプリを5つのグループに分類して電力の使用を調整し、端末のバッテリーを最も有効に活用できるようにします。

よりスマートなWi-Fiサポート

さらにGalaxy S10は、「不安定なWi-Fi接続は今や過去のもの」にするため、2つのテクノロジーを導入しています。

一つ目のテクノロジー、Intelligent Wi-Fiは、Wi-FiとLTEネットワークをシームレスに切り替えて、安全で途切れのない接続を可能にします。この機能は機械学習を利用して、ユーザーがエレベーターなど、Wi-Fi接続が不安定な閉鎖された場所にいることを判断したり、車に乗っている時や通りを歩いている時などユーザーが移動中であることを認識したりします。Galaxy S10がこのような変化を認識すると、シームレスにLTEネットワーク接続に切り替えるので、接続が途切れることはありません。Wi-Fiからデータへの切り替えは、以前と比較して2倍以上早くなっています。

Intelligent Wi-Fiは、フィッシングやマルウェア攻撃のリスクがあるWi-Fiネットワークを回避するためにも役立ちます。危険なIP接続を前もって検知し、接続する前にユーザーに警告して端末を保護します。危険なWi-Fi接続を検知した場合は、本当に接続するかどうかをポップアップウィンドウで尋ね、ユーザーに警告します。

Galaxy S10は、次世代Wi-Fi テクノロジーをサポートする最初の携帯電話でもあります。従来のWi-Fi規格より最大20パーセント速いWi-Fi 6*³は、コンテンツのダウンロードやアップロードを次のレベルに引き上げます。このWi-Fi規格に対応していることでこれまで以上の高速ダウンロードが可能となり、マルチギガビットの動画ファイルもたった数秒でダウンロードできます。

空港などの混雑した場所でも、Wi-Fi 6を利用すると同じ場所にいる他のWi-Fi規格のユーザーと比較して4倍の速さでネットワークに接続できます。そして、おそらく最大のメリットは、 他のWi-Fi規格より消費電力が少ないので、必要な時のためにバッテリーを節約できることでしょう。

より多くのことができるパワー

これまでGalaxy S10のパフォーマンスの向上についてざっと述べただけですが、優れた機能がたくさん搭載されていることがお分かりいただけたことでしょう。

Wi-FiとLTE接続をシームレスに切り替えられるだけでなく、Galaxy S10は最速のLTEスピードを提供しています。このデバイスでは世界で初めて最大2.0Gbpsのスピードによるダウンロードが可能になりました。Galaxy S9と比較するとスピードは0.8Gbps改善されています。そのため、ユーザーはかつてないほどの速さでストリーミングや接続ができるのです。そして、スピードに関して言えば、Galaxy初の5Gスマートフォン、Galaxy S10 5Gでは、4Gのほぼ20倍の速さのネットワークスピードを体験できるので、接続スピードの基準が大きく引き上げられることになるでしょう。

さらにGalaxy S10は、CPUとGPUの性能が大幅に向上した7nm/8nm次世代 アプリケーションプロセッサー (AP) *⁴ を搭載しています。CPUとGPUの性能は、Galaxy S9と比較するとそれぞれ29パーセントと37パーセント向上しています。Galaxy S10+においては、Galaxyシリーズで初めて12GBものRAM*⁵を備えているので、非の打ち所のない真のマルチタスク体験を提供することができます。

最後に、Galaxy S10シリーズはこれまでのGalaxyデバイスの中で最大となるストレージ容量を実現しています。Galaxy S10+ではなんと1TB*⁶ものストレージを選択することができるので、microSDカード*⁷を挿入して512GBの容量を追加すると、全部で1.5TBのストレージ容量になるのです!これだけのストレージがあれば、768本もの映画を保存できるので、スペースを開けるために写真やビデオ、アプリなどを削除しなければならない、といったこともなくなるでしょう。

*1 Galaxy Buds (2019)、Galaxy Watch Active、Galaxy Watch (46mm/42mm)、Gear Sport、Gear S3と互換性があります。
*2 当社のラボテストの結果に基づいています。Galaxy S9とGalaxy S10+のワイヤレス充電スピードを比較しています。Wireless Charger Duo Pad (別売)を使用した場合の充電スピードです。実際の使用状況によって充電スピードは異なります。
*3 サービスの利用可否は国やキャリアによって異なります。
*4 プロセッサーのバージョンは国によって異なります。
*5 Galaxy S10+セラミックモデルのみ対応しています。
*6 Galaxy S10+セラミックモデルのみ対応しています。
*7 microSDカードは別売です。

関連製品を見る