Galaxy S10の驚異的なディスプレイ ~未来を見据えて [Galaxy S10徹底解説]

※この記事はSamsungグローバル発の記事を翻訳したものです。
※記事中の画像にはグローバル製品を含みます。

Galaxy S10シリーズの発表で、当社はスマートフォンディスプレイの分野において、未来に向けて舵を取っていることを証明しました。最新フラッグシップシリーズは、画面を最大限活用できるように設計されたディスプレイ内蔵カメラや世界初となる超音波指紋センサーを搭載し、より明るく実物に近い画像を提供してディスプレイテクノロジーを次のレベルに引き上げています。

一言で言うと、Galaxy S10はこれまでのGalaxyシリーズの中で最も美しいディスプレイを採用し、かつてないほどの没入感を体験することができるのです。

スマートフォンディスプレイに"O"の美しさを

Galaxy S10はアスペクト比19:9の新しいInfinity-O Displayを搭載し、画面サイズを最大化してユーザーがより多くの操作を快適に行えるようにしています。さらに、映画の視聴や読書、ゲームプレイなどに必要なスペースを増やすためベゼルを縮小しました。実際、Galaxy S9と比較すると、スリムなベゼルは3倍以上削減されています。*¹

より多くのピクセルをユーザーが使えるように、Galaxy S10は小さなスペースに様々なセンサーやカメラ技術を詰め込んだディスプレイ内蔵カメラを採用しています。独自のレーザーカット技術を使って周りのピクセルへのダメージを最小限に抑えつつ、ディスプレイに小さな穴を開けました。これによって、重要なカメラやセンサーの機能を全て保ちつつ画面全体を使用できるようになりました。

このようにデザインの要素に磨きをかけることで、スマートフォンの前面全体をカバーする画期的なディスプレイを作り出しました。そのため、映画の視聴からゲームプレイまで全てにおいて没入感が高まり楽しさが増大しました。

さらに、Gorilla Glass 5の2倍の耐久性を持つGorilla Glass 6を使用しているため、ユーザーはどのようなアクティビティを行っていてもGalaxy S10の耐久性を信頼して使用することができます。*²

シネマスクリーン

Galaxy S10の新しいDynamic AMOLEDディスプレイは真のシネマ視聴体験を提供します。 1200 nits(明るさの度合いを示す単位)のピーク輝度を誇るディスプレイは1600万以上の色を作り出すことができ(SDRと比べて36パーセント色域が拡大)、DCI-P3色域(映画撮影に使われるカラーフィルムの色域に対応し、比較的広範囲の色域を表現が可能)でのモバイル色空間カバー率は100パーセントです。

DisplayMateの専門家による品質評価では、Dynamic AMOLEDディスプレイは 0.4 JNCDのスコアを獲得しています。Galaxy S9の評価0.7 JNCDから改善したことも、Galaxy S10が非常に正確に色を再現することを証明しています。つまり、Galaxyの新型スマートフォンに表示される画像の色は、ほぼ実際のものと同じになっているのです。

また、最新の画期的なディスプレイは、ハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオの次世代オープンスタンダードであるHDR10+をサポートする世界初のスマートフォンディスプレイです。HDR10+は、互換性のあるコンテンツを制作者の意図通りに表現することによって、映画館で見るのと同じ画質の映像を効果的にユーザーに届けます。例えば、お気に入りの映画をストリーミングする際、より正確な色を表現するので視聴体験の没入感が高まります。

ディスプレイはダイナミックトーンマッピング技術を利用して、シーンごとの色を最適化し、明るいシーンと暗いシーンとの対比をより鮮明にしています。また、輝度を最適化して細部まで美しく見えるようにしただけでなく、漆黒の色*³を作り出して暗い場所でも影の部分を細かく描写できます。

Galaxy S10のDynamic AMOLEDディスプレイはダイナミックトーンマッピングを利用して鮮やかでリアルな画像を作り出します。

Galaxy S10のDynamic AMOLEDディスプレイはダイナミックトーンマッピングを利用して鮮やかでリアルな画像を作り出します。

Galaxy S10の明るく鮮やかなディスプレイは、強い日差しの下でも色彩が鮮明です。ですから、外出中やプールのそばでくつろいでいる時など、直射日光の下でもお気に入りの番組や友人が送ってくれたビデオクリップを楽しむことができます。

強化された生体認証

Dynamic AMOLEDディスプレイの下には新しいディスプレイ内蔵型の超音波指紋センサーが組み込まれていて、デバイスに金庫のようなセキュリティを提供します。*⁴

スキャナーから放出される超音波が指と画面の間の小さな隙間を感知し、指紋の固有のパターンをマッピングします。そして、その超音波のデータはスキャナーに送り返され、端末のメインチップセットによって指紋の一致/不一致を分析します。

画面上の指紋に機械学習ベースのアルゴリズムを適用し、ハイレベルなセキュリティを提供する3Dアンチ・スプーフィング技術を採用したこのセンサーは、瞬時に機能します。本物の指紋を認識した時のみロックが解除され、指紋の画像では認証されません。このセキュリティシステムはFIDO(ファイド)アライアンスのバイオメトリック部品認定を世界で初めて取得し、氷点下や直射日光の下など最も過酷な状況でも機能することが実証されています。

目にやさしいブルーライトカット技術

Galaxy S10では快適さが重視されています。そのため、 当社はこれらの美しいデバイスをより目にやさしいものにするために技術革新を進め、最新のフラッグシップデバイスを最適化しました。

いつも就寝前に携帯電話をチェックする人は、画面から放出されるブルーライトのことをよくご存じでしょうが、このブルーライトは睡眠に悪影響を与えるという研究結果が出ています。TÜV Rheinland(技術、安全、証明サービスに関する認証機関)の専門家による認定を取得しているDynamic AMOLEDディスプレイは、42パーセントもブルーライトを削減し*⁵、ユーザーの目の保護に役立ちます。スマートフォンのブルーライト削減技術はユーザーの睡眠を促進するだけではありません。最大の特徴は、フィルターを必要としないので、ディスプレイの画質に影響を与えないということです。

ユーザーの快適さと利便性に配慮し、Galaxy S10シリーズは全てのモデルに使いやすい軽量デザイン、One UIを採用しています。One UIはクリーンで直感的なインターフェイスを特徴とし、ユーザーが集中して作業できるように無駄な情報を削減して、重要な情報はディスプレイの下部に表示したり、ユーザーが片手で容易にデバイスを取り扱えるようにしたりといった機能があります。また、夜間の視聴のためにディスプレイを最適化し、ユーザーが暗い環境にシームレスに移行できるようにするための夜間モードも内蔵しています。

*1 数値はGalaxy S10のものです。
*2 Galaxy S10eのディスプレイは Gorilla Glass 5を採用しています。
*3 低階調画像でも正確な色彩を表現する機能はGalaxy S10eには搭載されていません。
*4 Galaxy S10eはデバイスの側面に静電容量式指紋スキャナーが搭載されています。
*5 Galaxy S9との比較です。