HDRとは?スマホで鮮やかな動画や写真を楽しむ新機能!

Galaxy HDR

旅行先で出会った素晴らしい夜景。スマホのカメラで撮ろうとしたら、暗すぎて何も映らなかった…という経験はありませんか?せっかくの素敵な思い出は、美しく残したいですよね。そんな時に役立つのが、スマホにも搭載された「HDR」という高画質機能です。HDRとは何なのか、HDRで何ができるのかをご紹介します。

HDRって何?

HDRとはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、写真の白飛びと黒潰れを防ぎ、被写体をより鮮明に映し出してくれる機能です。HDRは、従来の機能であるSDR(Standard Dynamic Range スタンダードダイナミックレンジの略)と比べて、カメラが捉えられる明るさの幅(DR)が違います。HDRはSDRのおよそ100倍の明暗差を捉えられるので、いままでの写真撮影のトラブルを防ぐことができます。

さらに、HDR機能で写真を撮影すると、ひとつの風景を異なる露出度合い(光の取り込み具合)で複数枚撮影し、自動で合成します。それぞれのデータから良い部分を抜き出して一枚にしてくれるので、より美しく鮮明な写真を残すことができるのです。

せっかく綺麗に撮った写真も、画質が低ければ台無しになってしまいます。HDRの機能を存分に発揮するために、スマホ画面の解像度をチェックしましょう。スマホのスペックを確認したときに、「ppi」という値のついた数値を目にしたことはありませんか?この数値がまさに解像度のことで、スマホの表示画面の滑らかさを示しています。この数値が大きければ大きいほど、より細やかで美しい仕上がりとなり、逆に数値が小さければ、荒い仕上がりとなります。スマホ画面の解像度を意識して、HDR写真の美しさを最大限に楽しみましょう!

HDRのカメラで撮影!
普通の写真との違いは?

HDRで撮った写真とSDRで撮った写真には、どのような違いがあるのでしょうか。実際に同じ風景を撮り比べると、その違いは一目瞭然です。特に明暗差の激しい風景を撮影したとき、HDRとSDRの違いがはっきりとわかります。

SDRで屋外の写真を撮る場合、明るい部分にフォーカスを合わせれば暗い部分が潰れてしまい、暗い部分にフォーカスを合わせれば明るい部分がぼやけてしまう、というのが当たり前でした。逆光で人の顔が写らなくなってしまった、ある一点にピントを合わせたら画面全体が暗くなりすぎてしまった…というトラブルは、誰しも身に覚えがあるのではないでしょうか?

一方HDRであれば、明暗差の激しい景色であっても、それぞれに適した露出度合いを自動で設定、合成し、美しい景色を美しいままに残すことができます。特に、夜景や風景はHDRの得意分野。プロ顔負けの風景写真を、スマホで手軽に楽しむことができます。

HDRは動画もスゴイ!
高画質の動画をスマホで楽しもう!

HDRの優れた表現力は、写真だけでなく映像にも発揮されます。より広い明るさを捉えられるHDRのおかげで、さらにリアルで見応えのある映像が撮影できるようになりました。例えば、海に反射する光のきらめき、暗がりの奥の小さな表情の変化など、まるで目の前に存在しているかのような映像は、私たちに感動を与えてくれるはずです。

今や動画視聴の主流はインターネットメディアに。多くの動画配信サイトでも、HDR映像の配信が始まっていることを知っていますか?そのおかげで、美しくダイナミックな映像を、スマホで手軽に楽しめるようになりました。なお、HDR映像を楽しむには、視聴に対応した機器が必要になります。

HDR対応スマートフォンのGalaxy S9 | S9+, Galaxy Note9なら、映画館にいるようなリッチな映像体験ができます。さらに、フレームを極限までそぎ落とした全画面ディスプレイと、ハイパワーなAKGスピーカーが、臨場感と迫力を演出します。機能が大幅に進化したGalaxyで、ぜひ、魅力的な映像の数々を楽しんでみてください。

関連製品を見る