スマホのディスプレイ

スマートフォン選びのポイントは何でしょう? 軽さ、持ちやすさ、電池の持ち、色、デザイン...いろいろありますが、スマホに盛り込まれたさまざまな機能を存分に使い倒すために、ディスプレイは実はとっても大事なポイントではないでしょうか?


満足度が最も高いのは「画面サイズが大きいこと」

MMD研究所が、2013年1月から11月までにAndroid端末を購入した計1,000人を対象に行った「2013年 スマートフォン購入者の満足度調査(Android編)」では、画面サイズの大きさが、ユーザーの満足度に直結するという調査結果が出ています。

当調査では、回答者が現在所有しているスマートフォンの満足度について、端末のサイズ感や画面サイズ、バッテリーの持ちなど11項目を「満足」から「不満」までの5段階で評価。その結果「画面サイズが大きいこと」に「満足」「やや満足」と回答した人が合わせて79.8%と最も多いことがわかりました。そして、次に選ぶスマートフォンに求める点でも「バッテリー」「防水・堅牢さ」に次いで「大画面」が入っていることから、2014年もAndroid端末には「大画面」を求める傾向がうかがえます。

購入時に重視する点は「画面サイズが大きいこと」

スマートフォン購入時に重視する(した)項目について聞いたところ、「画面サイズが大きいこと」と回答した人が42.9%と最も多くなりました。

さらに、以前所有していたスマートフォンと現在のスマートフォンを比べた際に特に満足している点について聞いたところ、「画面サイズが大きいこと」と回答した人が50.3%と最も多く、以前所有していたスマートフォンよりも画面サイズの大きなスマートフォンを選び、満足しているという結果が見られました。

MMD研究所「2013年度 スマートフォン購入者の満足度調査 (Android編)」
調査の詳細はこちら

大画面だからできること

Galaxyシリーズは大画面の有機ELディスプレイを採用しています。有機ELの特長は、省エネで反応が良く、鮮やかな色彩を楽しめること。一般的な液晶よりも反射率が低く、動画や写真、Webコンテンツまで、屋外でもくっきり鮮やかな色彩で楽しむことができます。

また、Galaxyの「マルチウィンドウ」機能は、2つのアプリを同時に立ち上げて操作することが可能です。たとえば、LINEで会話をしながらギャラリーで送りたい写真を選び、その写真をそのまま送信することができます。また、Galaxy Note 3は、使っているアプリを開いたまま、好きなところに別のアプリを開ける「ペンウィンドウ」機能を搭載。画面の任意の場所に付属のSペンで四角を描くと、電話や電卓、LINEやWebブラウザなどのアプリをポップアップで開き、すぐに使うことができます。このようなマルチタスクもGalaxyの大画面ディスプレイだからこそ、快適に楽しむことができるのです。

※ 掲載している情報は2013年12月現在のものです。
※ 機種により記載の内容に必ずしも合致しない場合があります。
※ 機種により仕様変更などの理由で記載の内容に必ずしも合致しない場合があります。