超プロ級のメモの取り方

メモを取るコツを理解して、ToDoリストを片付ける

※この記事はSamsungグローバル発の記事を翻訳したものです。
※記事中の画像にはグローバル製品を含みます。

きちんと書くのか、走り書きするのか、書き留めておくのかに関わらず、誰でもメモを取らなければなりません。会議で同僚の一歩先を行きたい場合にも講義ノートの取り方を見直す場合にも役立つ、メモを取るための4つのヒントをまとめました。これを利用して生産性を高め、周囲に差をつけましょう。

1

最初は手書きでメモを取りましょう

このステップを省略し、お気に入りのワードプロセッサーに直接入力したいと考えるかもしれません。でも、手書きでメモを取ることによって記憶力が高まるのです。生産性を高めるためには、できるだけ脳を働かせなければなりません。GalaxyのSペンのようなスタイラスを使うと簡単に画面に手書きでメモを取ることができます。また、Note8では手書きの文字を全て後でテキストに変換できます。

2

ただ聞くだけではなく、積極的に耳を傾けましょう

メモを取る際、多くの人は単に話の重要ポイントを書き留めます。アクティブリスニングとは、相手が話している内容やその話し方に注意を払うことです。相手の言葉をそのまま書き取るのではなく、重要なポイントを別の言葉に置き換えられるか考えてみましょう。相手の話を理解していれば、自分の言葉でまとめることもできるはずです。

Galaxy Note9

手書きからテキストへ

GalaxyのSペンで書いた手書きメモなら、簡単にテキスト変換することができるため、メールなどで送信する際に便利です。

詳細

3

外出先で思いついたことはその場で記録しましょう

昼食の際に思いつき、「後になっても絶対、覚えているはず」と思っていた素晴らしいアイデアを思い出そうと、30分も頭をひねったことはありませんか? そのような時、いつでもさっと考えを書き留めておける方法があると便利です。スマートフォンのボイスメモを使って自分の考えを録音したり、画面に直接走り書きしたりするとよいでしょう。

Galaxy Note9

手書きからテキストへ

GalaxyのSペンで書いた手書きメモなら、簡単にテキスト変換することができるため、メールなどで送信する際に便利です。

詳細を見る

4

自由時間を取りましょう

仕事を片付けるための一番良い方法は長時間働き続けることだと思っているかもしれませんが、精神的な疲労がたまると、休憩した時間以上に時間を無駄にしてしまいます。自分の好きなことをする時間を確保し、頭を休ませ、疲れを癒やすことも大切です。散歩に出かけたり、コーヒーを飲んだり、オフィスをひとめぐりするだけでもよいでしょう。仕事に戻った時、ToDoリストがもっと早く片付くでしょう。

ToDoリストのためのツール

効果的なメモを取るにはGalaxy Note9などの適切なツールの利用から始めましょう。

関連製品を見る