新製品発表のお知らせ

2015-12-08

「Gear S2」「Gear S2 classic」「Gear VR」「Galaxy A8」 発売決定!

・円形ディスプレイを搭載した2種類のウェアラブル端末「Gear S2」「Gear S2 classic」
・コンシューマー向けのゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」
・au史上最薄※1となる薄さ約6.0mmを実現した「Galaxy A8」


各製品の特長は、以下のとおりです。



■「Gear S2」「Gear S2 classic」

1.円形ディスプレイとサークルUXによる新たな操作感
これまで、Gearシリーズの腕時計型ウェアラブル端末では四角いディスプレイを搭載してきましたが、今回Gearシリーズで初めて※2円形ディスプレイを採用。円形のデザインを活かすため、ベゼルを回すことで操作ができるサークルUXを採用し、アプリリストの確認などを、画面を触らずに操作することが可能になりました。側面には、ホームボタンとバックボタンが配置され、使い心地を一新させる直感的な操作方法を実現しました。

2.AndroidTMOS対応で、より多くのスマートフォンと接続可能
従来のGearシリーズは、Galaxyスマートフォンのみと接続が可能でしたが、今回初めて※3他社AndroidTMスマートフォンとの接続が可能になりました。専用アプリケーション「Gear Manager」をダウンロードし、Bluetoothで接続して利用できます。

3.最大待受4日間※4の電池持ちを実現
Galaxyスマートフォンでご好評いただいている省電力モードを、今回初めてウェアラブル端末にも採用※5。通常モードの利用で2~3日※4、省電力モードの利用で最大4日間※4の電池持ちを実現し、安心して利用できます。また、ワイヤレス充電にも対応し、同梱されている専用のワイヤレス充電ドックに置くだけで簡単に充電が可能になり、利便性が向上しました。

4.24時間のあらゆるシーンでのアクティビティを計測可能
防水(IPX8※6)、防塵(IP6X※7)に対応し、料理や運動など、さまざまな生活シーンの中で利用することができます。また、24時間着けておくだけで、ランニングやサイクリングなど選択したアクティビティのログを定期的に記録できる「アクティブトラック機能」を搭載。スマートフォンと連携して、自分のトレーニング日記を作ることもできます。


※ 2015年12月18日(金)より、全国のドコモショップおよびauショップ、家電量販店等にて販売を開始します。
また、新たな販路として、総合オンラインストア「Amazon.co.jp」でも、同日より販売を開始する予定です。

------------------------------

■ Gear VR

1.不可能を可能にした革新的なVR体験
360°に拡がるVRの世界を、96°の広い視野と、大きな画面で鑑賞できます。「Galaxy S6 | S6 edge」を装着して使用するため、Super AMOLED(有機EL)ディスプレイの低残光性と、ジャイロセンサー・加速度センサー・近接センサーで頭部の動きを正確にトラッキングし、低モーションレイテンシ(動きへの追随性)※8の特長を活かし、快適に、高精彩で臨場感あふれるVRコンテンツを存分に楽しむことができます。

2.Galaxyだからこそ実現したVR機器
装着感や重量感、操作性に徹底的にこだわった「Gear VR」は、人間工学に基づくデザインを採用し、眼鏡をかけていても装着できる本体は約318gと軽量で、顔の接地面にはスエードのフェイスフォームを採用するなど、快適に360°コンテンツを楽しめます。また、本体右側面には、前モデル(Gear VR Innovator Edition for S6)よりタッチ面を拡大し、凹凸処理を施したタッチパッドを搭載。上下左右・タップ等の操作がより快適になりました。VRを知り尽くしたGalaxyだからこそ完成したコンシューマー向けの製品です。

3.日常シーンを変えるVRコンテンツ
今までの概念を超えたゲームコンテンツや、映画、スポーツ、アーティストのライブなどの映像を、“まるでその場にいる”かのような感覚で楽しむことができます。現在、今まで体験したことがないような100を超える※9さまざまなコンテンツが提供されており、今後もさらに拡充される予定です。

※ 2015年12月18日(金)より、家電量販店等にて販売を開始します。
また、新たな販路として、総合オンラインストア「Amazon.co.jp」でも、同日より販売を開始する予定です。

------------------------------

■ Galaxy A8

1.屋外でもくっきり見やすい大画面ディスプレイ
圧倒的迫力の大画面約5.7インチ フルHDのSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。最大輝度550cd/㎡、最小輝度2cd/㎡を実現し、屋外/屋内の環境に合わせ見やすく明るさを調整できます。また、複数のアプリケーションを同時に立ち上げて操作できる「マルチウィンドウ」に対応し、動画を見ながらメールをしたりと、大画面を活かしてスマホを快適に操作できます。さらに、ホームボタン3度押しで画面が片側に小さく表示され、大画面でも片手操作がしやすくなります。

2.au史上最薄※1、大画面なのに持ちやすい
わずか約6.0mmの薄さを実現。フルメタルで薄くて堅牢なボディは、約2.5mmの狭額縁設計により幅約77mmとスリムな形状で、大画面でありながら持ちやすく手にフィットするデザインです。

3.大容量バッテリーで電池長持ち
電池持ちが安心の、3,050mAhの大容量バッテリーを搭載。省電力化を実現する高性能オクタコアCPUも搭載し、外出先でも電池持ちを気にせず快適に使用できます。また、バッテリーが切れた場合でも、素早く充電ができる急速充電に対応。約110分で100%の充電が可能です。※10さらに、不要なデータ通信などをカットし、画面を白黒にするなど、電力消費の無駄を省くことでバッテリー消費量を抑える「緊急時長持ちモード」も搭載。災害時やすぐに充電できない環境でも安心です。

4.明るくきれいに撮れるハイクオリティカメラ搭載
メインカメラ、サブカメラともにF値1.9のレンズを搭載しているほか、HDR機能※11も搭載し、逆光や暗い場所でも明るくきれいに撮影できます。また、ホームボタンの2度押しでカメラを素早く起動できるので、シャッターチャンスを逃しません。さらに、サブカメラでは最大120度※12のワイドな自分撮りが可能なほか、手のひらをカメラに向けると撮影できるジェスチャー撮影や、「チーズ」などの音声でも撮影できる自分撮りに最適な便利機能も搭載しました。

※ 2015年12月中旬以降、全国のauショップおよび家電量販店等にて販売を開始します。

------------------------------


※1 auスマートフォンにおいて。2015年11月時点、自社調べ。
※2・3 2015年12月時点、自社調べ。
※4 利用環境・使用状況により、使用可能時間は異なります。
※5 2015年12月時点、自社調べ。
※6 [防水について]IPX8とは、常温で水道水かつ静水の水深1.5mの水槽に製品本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、製品内部に浸水せず、製品としての機能を保つことを意味します。
※7 [防塵について]IP6Xとは、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に製品を8時間入れて撹拌(かくはん)させ、取り出した時に、製品内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
※8 実際の頭部の動きと映像の遅延時間が短いことを指します。
※9 2015年12月8日現在、日本向けには約132のVRコンテンツが提供されています。
※10 共通ACアダプタ05(別売)使用時。
※11 メインカメラのみ対応。
※12 本体を横向きにして撮影した場合。サブカメラのみ対応。

●「Galaxy」はSamsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。
● その他、記載されている会社名、商品名、サービス名称等は、各社の商標または登録商標です。