働き方改革を進める、新しいワークスタイル“脱・PC”を提案 最新スマートフォン「Galaxy Note9」を活用した “スマートワーク”に関する実証実験を実施

2018-10-17

~アシックスジャパン・住友生命保険・Team WAA! 実証実験結果発表~

モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyは、アシックスジャパン・住友生命保険・Team WAA!と合同で、スマートフォン活用による業務効率化を支援し、働き方改革推進の一環として“デスクに縛られない働き方”を提唱するにあたり、新製品「Galaxy Note9」のビジネスシーン活用に関する実証実験を実施いたしました。

<提供写真:「Galaxy Note9」を活用し、リモートワーク>

Galaxyが今秋発売する新スマートフォン「Galaxy Note9」は、パソコン並みのハイスペック・大画面ながら持ち運びしやすく、また通話・メール・動画視聴などをフル活用しても十分なバッテリーを搭載しました。テレビやディスプレイさえあれば、HDMIケーブル(USB-C端子)※1と「Galaxy Note9」をつなぐだけで、デスクトップパソコンのように全画面表示やマルチタスクで使うことができるようになります。
今回は社員の働き方改革に積極的な取り組む、アシックスジャパン、住友生命保険、また各業界の垣根を超えて日本の働き方を変えようと活動しているTeam WAA!の2社1団体にご協力いただき、スマートフォンでもビジネスシーンにおいて、パソコンの代替品として活用できるか、様々な業界、職種の方で「Galaxy Note9」のトライアル実験をして頂きました。Galaxyは今後もユーザーや時代のニーズに応じた製品の開発に取り組んでまいります。

【実証実験概要】

トライアル期間 : 2018年9月27日~10月13日の間
体験者 : アシックスジャパン、住友生命保険、Team WAA!に在籍されている社員の方、14名
トライアル内容 : 最低1週間、Galaxy Note9を貸与。ビジネスシーンで活用いただく



【Topic.01】


■ 最新スマートフォン「Galaxy Note9」で「脱・パソコン」約8割。特に「メモ」で活用したことが判明

まず、今回のトライアル期間中に「Galaxy Note9」を活用して実施した業務内容については、1位は「メモ」、次点で「社外でのメールチェック&作成」、「写真撮影」となりました。「Galaxy Note9」にはスマートフォン本体にSペンというスマートフォン自体に書き込めるペンが内蔵されており、その使いやすさからメモ機能を活用した人が多いと思われます。普段、パソコンで行っていた業務が「Galaxy Note9」でもできたかどうかに関して、「できた」(7.1%)と「まぁまぁできた」(78.6%)を合計すると85.7%の体験者が「脱・パソコン」で業務ができたと回答しました。また、普段、手書きで行っていた業務が「Galaxy Note9」のSペン機能を活用しできたかどうかについて、「できた」(42.9%)と「まぁまぁできた」(42.9%)とこちらも約8割を超える体験者が「Galaxy Note9」でのスマートワークを実現できました。

普段パソコンで行っていた業務がGalaxy Note9でもできましたか?




【Topic.02】


■ Galaxy Note9だからこそ、「移動中」でも仕事ができ、業務効率化に貢献

トライアル期間中、スマートフォンだからこそ仕事がしやすかった場所は、「電車・タクシーのなか」(13人)が最多という結果に。2位以下は、「カフェ」(8人)や「自宅」(6人)が続きました。スマートフォンだからこそ感じたメリットとしては、やはり、持ち運びがしやすく、なおかつパソコンと比較するとコンパクトなところにメリットを感じた方が多く、約9割という結果に。また、「隙間時間を有効活用できた」や「荷物を減らすことができた」など、「脱・パソコン」のスマートワークだからこそのメリットが判明しました。


【Topic.03】


■ スマートワークの場合、普段の業務が1日平均38.6分も短縮

スマートフォンを業務に取り入れた場合、1日あたり何分くらい業務時間が短縮されたかに関して、平均38.6分という回答になりました。特に、「Galaxy Note9」で活用できた機能は、「Sペンでの手書き機能」、「画面メモ機能」でした。「付箋などに書き出して整理していたことが、『Galaxy Note9』に直接メモができたのがなんといっても一番便利でした」や「メモが近くになくても『Galaxy Note9』さえあれば問題ないなと感じました」といったスマートフォンの仕事活用へメリットを感じて頂いたコメントが見受けられました。



Galaxy Note9とは?



Galaxy Noteシリーズ最大の特徴であるSペンはさらに進化を遂げ、ペンの概念を超える新機能を搭載。今回、Sペンが初めてBluetooth®対応となり、リモート撮影、プレゼンテーション時のスライド操作、音楽の再生・停止など、「Sペンリモコン」として遠隔操作が可能になりました。約0.7mmのペン先で4,096段階の筆圧を感知。普段のメモ書きから繊細なアートまで、本物の紙とペンを使用したような書き心地を実現します。画面オフの状態からでも、Sペンを抜くだけですぐにメモをとれたり、他アプリを使用中でもSペンでボタンを押しながら画面を2度トントンとタップするだけですぐに書けたりなど、利便性を追求しました。さらにテレビやモニターさえあれば、HDMIケーブル(USB-C端子)と「Galaxy Note9」をつなぐだけで、まるでパソコンのように全画面表示が可能。プライベートはもちろんのこと、ビジネスシーンも一変させる進化した、新しいスマートフォン体験ができるようになりました。また、「Galaxy Note9」は4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。日常の通話やメール操作、SNSやブラウジングはもちろん、動画視聴やゲームもこれまでにない電池もちでバッテリー残量を気にせず、思う存分楽しむことができます。高速CPU、RAM 6GB、ROM 128GBなど最高クラスの性能で、ストレスフリーに操作することが可能。ウォーターカーボンクーリングシステムを採用したことで、冷却性能も約21%※2アップさせるなど、1日中パワフルに使える1台となっています。


※1 HDMIケーブルは別売り。

※2 Galaxy Note8比(2018年10月、サムスン電子ジャパン調べ)