バッテリー持続時間に影響を与える要素

環境

信号が弱かったり重複するエリア内や、強い日光やその他の光の下で画面の明るさを明るくした場合にはバッテリーを大きく消費します。

※ GalaxyはAdaptive Brightness (明るさの自動調整) を備えており、環境の光の強度に基づいて画面の見えやすさを最適化します。

 海の近くで、男性がスマートフォンで海の写真を撮っています。  海の近くで、男性がスマートフォンで海の写真を撮っています。

※ GalaxyはAdaptive Brightness (明るさの自動調整) を備えており、環境の光の強度に基づいて画面の見えやすさを最適化します。

使用パターン

GalaxyのAMOLED ディスプレイはバッテリー消費を増加させる高コントラスト比を備えています。画面の明るさ上昇、画面タイムアウトまでの長い待機時間、高パフォーマンスアプリ、高解像度コンテンツのストリーミング、そして位置情報サービスを始めとする許可されたサービスによってバッテリー消費量は増加します。

 床照明をつけて、ベッドに横たわりながら、男性がスマートフォンを使用しています。  床照明をつけて、ベッドに横たわりながら、男性がスマートフォンを使用しています。

バッテリー持続時間(寿命)を延ばす設定のヒント

バッテリー持続時間(寿命)を延ばすさまざまな方法をご覧ください!

※ この情報は、Android T OS (バージョン 13.0) に基づきます。
一部の機能の名前やエントリーポイントは Android OS のバージョンにより異なる場合があります。

1. 「設定」でバッテリー持続時間(寿命)を最適化する方法

バッテリー使用量が多いアプリを確認します。

1. 「設定」でバッテリー持続時間(寿命)を最適化する方法

  • バッテリー使用量が多いアプリを確認します。
    • [設定] に進んで [デバイスケア] を選択
      01

      「設定」の「バッテリーとデバイスケア」
      にアクセスします。

    • [今すぐ最適化] ボタンを選択“
      02

      「今すぐ最適化」をタップして、バックグラウンドでのバッテリー使用量が多いアプリを確認します。

※ この機能を利用できるかどうかは、アプリによって異なります。
previous
next

2.「設定」でバッテリー持続時間(寿命)を最適化する方法

あまり使用していないアプリをスリープ状態またはディープスリープ状態に維持します。

2.「設定」でバッテリー持続時間(寿命)を最適化する方法

  • あまり使用していないアプリをスリープ状態またはディープスリープ状態に維持します。
    • [デバイスケア] の [バッテリー] メニューで [さらに表示] を選択
      01

      「バッテリー」の「バックグラウンドでの使用を制限」にアクセスします。

    • [追加] ボタンの選択
      02

      「スリープ中のアプリ」または「ディープスリープ中のアプリ」を選択します。

    • Select Add button Select Add button Select Add button
      03

      「+」をタップし、スリープ状態にするアプリを選択して、
      もう一度「追加」をタップします。

    ※ 「スリープ中のアプリ」はバックグラウンドで時々実行されるのみです。更新や通知は遅れる場合があります。
    ※「ディープスリープ中のアプリ」はバックグラウンドで実行されず、アプリを起動したときのみ更新や通知を受信します。
previous
next

特定のアプリをスリープ状態またはディ
ープスリープ状態にしないようにするには、
以下の手順を実行します

  • Select See more in the battery menu of device care
    01

    「バッテリー」の「バックグラウンドでの使用を制限」をタップします。

  • Select Add button
    02

    「スリープ状態にしないアプリ」をタップします。

  • Select Add button Select Add button Select Add button
    03

    「+」をタップし、アプリを選択して、「追加」をタップします。

※ 「スリープ状態にしないアプリ」に追加されたアプリは、自動的にスリープ/ディープスリープにならないため、バックグラウンドで追加のバッテリー使用量が発生する場合があります。

「省電力モード」
を有効化

バッテリー残量が少なくなってきたら、「省電力モード」を有効にしてバッテリー持続時間(寿命)を延ばします。

「省電力モード」が有効になると、バックグラウンドのアプリはWi-Fiとモバイルデータから制限され、Always On Displayなどのバッテリーを大量に消費する機能が無効になり、バッテリー持続時間(寿命)が延長されます。

CPU速度、明るさ、Always On Displayを選択して好みに合わせて調整できます。

※ [パワーモード] 有効時には、バックグラウンドデータの制限がすべてのアプリに適用されるため、位置情報サービスも制限される場合があります。

  • Select See more in the battery menu of device care
    01

    「設定」の「バッテリーとデバイスケア」にアクセスします。

  • Select Add button Select Add button
    02

    「バッテリー」をタップし、「省電力モード」を有効にします。

使用していないアプリと機能を無効にします

「バッテリー使用量」で使用していないアプリを確認します。

使用していないアプリと機能を無効にします

  • 「バッテリー使用量」で使用していないアプリを確認します。
    • バッテリーを使用するアプリのリストを表示 バッテリーを使用するアプリのリストを表示
      01

      「設定」の「バッテリーとデバイスケア」にアクセスして、
      「バッテリー」をタップします。

    • [さらに表示] メニューで [OSとシステムアプリを非表示] を選択
      02

      バッテリーのグラフをタップします。

    • View list of apps using battery
      03

      バッテリー使用量や使用中のアプリの詳細を確認します。

previous
next

ディスプレイ設定を変更します

デバイスを使用していないときは電源ボタンを押してディスプレイをオフにします。
[画面のタイムアウト] を短い間隔に設定します。明るさを下げます。
画面が明るいほどコントラスト比は高くなり、バッテリー消費量も上がります。
暗い色調の壁紙やテーマを使用してバッテリー持続時間を延ばすこともできます。

* 表示の写真は参考のために用いられるものです。
** UI はデバイスのモデル、国、通信事業者により異なる場合があります。