他社製スマートフォンからSamsung製スマートウォッチへの通知について

最新アップデート日 : 2021-06-11

Xiaomi、Huawei、OPPO などの Android 10 を実行している他社製のスマートフォンに接続された Samsung 製スマートウォッチ製品に通知がされない場合があります。他社製のスマートフォンから Samsung 製スマートウォッチ製品に適切に通知が受信されるようにするには、解決策として以下の推奨事項をお試しください。
また、以下の推奨事項は、接続が不安定な場合の解決策としても機能する可能性があります。

Xiaomi

1. スマートフォン本体で通知アクセス許可を有効にします
設定 → 追加設定 → プライバシー → 特別なアプリアクセス → 通知アクセス → 「Watch Plugin」を有効に切り替えます。(すでに有効になっている場合は、一度「無効」にしてから再度「有効」にします。)

2. スマートフォン本体で自動起動権限を有効にします

セキュリティ → アプリの管理(「Galaxy Wearable」、「Watch Plugin」、「Samsung アクセサリサービス」) → 権限 → 自動起動を「有効」にします。

3. スマートフォン本体のバッテリー制限を解除します
設定 → アプリの管理(「Galaxy Wearable」、「Watch Plugin」、「Samsung アクセサリサービス」) → バッテリーセーバーを「制限なし」に変更します。

 

Huawei
1. スマートフォン本体で通知アクセス許可を有効にします
設定 → 追加設定 → プライバシー → 特別なアプリアクセス → 通知アクセス「Watch Plugin」を有効に切り替えます。(すでに有効になっている場合は、一度無効にしてから再度有効にします。)
 

2. バッテリーの最適化を無効にします
設定 → アプリ(「Galaxy Wearable」、「Watch Plugin」、「Samsung Accessory Service」) → 電力使用量 → アプリの起動 →「自動管理」を無効に切り替えます → 自動起動、セカンダリ起動、バックグラウンドの実行を「有効」に切り替えます。

 

OPPO
1. 通知アクセス許可を有効にします。
設定 → 追加設定 → プライバシー → 特別なアプリアクセス → 通知アクセス「Watch Plugin」を有効に切り替えます。(すでに有効になっている場合は、一度無効にしてから再度有効にします。)

2. 「保護されたアプリ」リストにアプリを追加します。
設定 → 詳細設定 → バッテリーマネージャー → 保護されたアプリ → アプリ(「Galaxy Wearable」、「Watch Plugin」、「Samsung Accessory Service」)を切り替えて保護を有効にします。

3. バッテリーの最適化を無効にします。
設定 → バッテリー → 省エネオプション → アプリ(「Galaxy Wearable」、「Watch Plugin」、「Samsung Accessory Service」)を見つけて、バックグラウンドで停止していることを確認します。 → アプリの最適化とスリープ状態はすべて無効になっています。

4. スタートアップマネージャーを確認します。
設定 → アプリ管理 → スタートアップマネージャー(関連するスタートアップマネージャー)アプリ(「Galaxy Wearable」、「Watch Plugin」、「Samsung Accessory Service」)を見つけて、この設定が「有効」になっていることを確認します。

上記の方法をお試しいただいても同じ問題が繰り返し発生する場合は、スマートフォンの製造元へお問い合わせください。

ご協力ありがとうございました。