Galaxy Note20 Ultra グリーンスクリーン現象について

最新アップデート日 : 2021-06-11

AMOLED は、各ピクセルの自己照明を使用したディスプレイであり、LCD では表現できない非常に暗い領域を見ることができる特性(利点)を備えています。したがって、非常に低い輝度(輝度)領域(黒い画面や非常に暗い画面など)での各ピクセルの細かい電流の違いにより、違いの程度は異なる場合がありますが、AMOLED ディスプレイの一部の領域など特定の条件下で明るさが異なるように表示される場合があったり、ダークモードを使用し光が少ない暗い場所で、画面の明るさを非常に低くした暗い画面を見ていると、明るさの違いが横線のように見えることもあります。これは AMOLED ディスプレイの典型的な特徴であり端末のパフォーマンスに影響はありません。


また、AMOLED ディスプレイを構成する半導体素子の特性の微妙な違いにより、端末によって明るさが若干異なる場合があります。それにより、暗い環境でカメラを使って暗い画面を撮影する場合、より鮮明な画像を取得するために、カメラのイメージセンサーが自動的に感度を上げ、弱い光を増幅します。このため、カメラで暗い画面を撮影する場合、実際に見えるよりもグリーンスクリーン現象のコントラストの違いが強調される場合があります。

グリーンスクリーン減少について

以上は AMOLED ディスプレイの典型的な特徴ではありますが、これらの現象を減らすために以下の設定をお試しください。

 

1. 表示モードを「ライト」モードへ変更します。

設定 > ディスプレイ > ライト

2. ディスプレイの明るさを少し明るく調整します。

設定 > ディスプレイ > 明るさ

ディスプレイから「ライト」「明るさ」を調整します。

1. ディスプレイの明るさを少し明るく調整します。

 

設定 > ディスプレイ > 明るさ

2. 明るい背景画像に変更します。

3. 表示モードを「ライト」モードへ変更します。

 

設定 > ディスプレイ > ライト

4. 画面のリフレッシュレートが最適化の場合は「標準」へ変更します。

 

設定 > ディスプレイ > 動きの滑らかさ > 標準

画面の滑らかさを「標準」に変更します。

ご協力ありがとうございました。