(Galaxy) プロモードを使った撮影方法について教えてください。

最新アップデート日 : 2022-09-20
Z Flip4、Z Fold4発売決定!予約・購入はこちら
aulink_icon | docomolink_icon | Rakuten Mobilelink_icon

より細かな設定をすることで自分好みの写真を撮影することも可能です。各種設定の意味や操作については以下の手順を参照してください。

  • 対象端末は S9 以上の Android 10 以降が対象です。
  • A7、A20、A21、A22、A32、A41 では「 色調、リセット、SPEED、FOCUS」を設定することはできません。
  • Android やアプリバージョンが異なると画像内の配置や名称が異なる場合があります。
1 ホーム画面にあるカメラアプリをタップして起動し、下部のメニューからその他を選択し、一覧から「プロ」をタップします。
 カメラアプリを開き、下部のメニューからその他を選択し、一覧から「プロ」をタップします。
2 この画面より、より詳細なカメラ設定を行うことが可能です。
 この画面より、より詳細なカメラ設定を行うことが可能です。

プロモードを中止する場合は、画面下部の「<」マークを押下します。

各設定項目の意味

カメラ設定(歯車アイコン)

プロモードだけでなく、カメラ全体の設定を行うことができます。
ただし、プロモード起動中の設定画面へ移動しても「インテリジェント機能」などの一部の項目の設定を触ることはできません。

フラッシュ

撮影時のフラッシュの ON/OFF、自動を切り替えることができます。

タイマー

即時撮影またはカウントダウンで 2 秒、5 秒、10 秒の中から選択することができます。

縦横比

3:4(4:3)、9:16(16:9)、1:1、Full を基準に写真サイズを変更することができます。(Flip や Fold などはサイズ表記が異なります。)

測光モード

被写体の明るさを図る機能です。
画面中央をメインにするのか、全体のバランスをとるのか、ピントを合わせた位置にあわせるのかを選択することができます。

色調

A7、A20、A21、A22、A32、A41 では設定することはできません。

コントラスト、ハイライト、シャドウ、彩度、色合いを細かく設定することができます。

全体的な写真の色味や感じがかわってくるため、自分好みの写真を設定することが可能です。

ISO 感度設定

ISO 値を選択します。これはカメラの光感度を制御します。低い値は、静止した被写体または明るく照らされた被写体用です。値が大きいほど、動きの速い被写体や照明が弱い被写体に適しています。ただし、ISO 設定を高くすると、写真やビデオにノイズが発生する可能性があります。

AUTO(自動)状態のときに「MANUAL」を押すか、バーを動かすことで MANUAL モードに切り替わります。

SPEED(シャッタースピード)

A7、A20、A21、A22、A32、A41 では設定することはできません。

光を取り込むまでの瞬間の時間です。

動きが速いスポーツの撮影は数値を高く、暗いところできれいに取りたい場合は数値を低くすると綺麗な写真をとることが可能です。

ただし、数値が高くなればなるほど光を取り込む量が少ないため画像は暗くなり、数値が低ければ低いほど光を取り込むためにシャッターが下りるまで時間がかかるので被写体が動くとぶれる確率は高くなります。

EV(露出補正)

これは、カメラのセンサーが受け取る光の量を決定します。暗い場所では、より高い露出を使用します。
明るく撮影したい場合は「+」に、暗くしたい場合は「-」に設定します。

FOCUS(フォーカス)

A7、A20、A21、A22、A32、A41 では設定することはできません。

ピントを被写体に自動的に合わせるカメラ機能です。

A(自動)は名前の通りオートで自動的に被写体にピントが合い、M(手動)は自分で任意の場所にピントを合わせることが可能です

WB(ホワイトバランス)

撮影時の光の色の影響を補正する機能です。
カメラを通して撮影すると補正がかからないため、黄色みがあったり、青色っぽく見える場合があります。そんな時に WB で調整し補正することで思ったような色味に変更することも可能です。

AUTO(自動)状態のときに「MANUAL」を押すか、バーを動かすことで MANUAL モードに切り替わります。

ご協力ありがとうございました。