(Galaxy) スマートフォンを利用するための用語集

最新アップデート日 : 2021-11-15

初めてスマートフォンを使用した場合、新しい機能を利用したりした場合、初めて聞く用語などがあると思います。そんな時は、以下のリストから確認したい用語の頭文字からお探しください。

 /

■ あ行

iOS(アイオーエス)

Apple 社が提供している、iPhone や iPad に搭載している OS のことを指します。Android とは内容が全く異なり、Galaxy 端末で iOS を使用することはできません。

アイコン

アプリのプログラムやファイルなどを絵で記号化したもの。
内容に基づいて表示しています。

アカウント

ネットワーク上のサービスなどを使用する上で必要な「権利」のこと。ユーザー ID とパスワードをセットでアカウントと指す場合があります。
Galaxy では Galaxy アカウントを使用することで様々なサービスをご利用いただけます。

アプリ

正式名称はアプリケーションソフトウェアで、特定の目的をもって作られたソフトのこと。アプリをインストールすることで様々な機能やゲームを追加し、自分好みに組み立てることが可能です。

アンインストール

スマートフォンにインストールしているアプリを削除し、利用できなくすること。アプリによってはアンインストール後、アプリ内のデータがすべて消えてしまうため注意が必要です。

インストール

スマートフォンで使用したいアプリなどをダウンロード後、使用できるにする操作のこと。アプリを端末にいれたい場合、ダウンロードとセットで行われることがほとんどです。

ウィジェット

ホーム画面に置ける、アプリのショートカット機能のことを指します。特定のアプリを起動させず、必要な欲しい情報だけを確認することができます。

HDR(エイチディーアール)

High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称です。明暗それぞれ犠牲にすることなくより自然でリアルな描写が可能です。

SMS(エスエムエス)

ショートメッセージサービスの略称を指します。電話番号を使用して、短いメッセージを送受信できるサービスです。

SD(エスディー)カード

メモリーカードを指します。サイズによって名称が異なります。Galaxy では microSD カードのサイズが利用できます。一部の端末では SD カード非対応機種もあるため、対応機種の確認は こちら を確認してください。

■ か行

機内モード

通信が一時的に禁止されている場所などで、この機能を有効にすると、電話、ネット、GPS などの無線通信をストップさせることができます。また機内モードを使用することで、電池の消費量を抑えることも可能です。

キャッシュ

1 度でも使用したことのある情報を保存して記憶することで、次回以降同様の操作を行った場合、素早く読み込めるようにするための方法です。ただし、キャッシュが溜まり過ぎると逆に動作が遅くなってしまうので注意も必要です。

キャリア

通信サービスを提供している電気通信事業者のことを指します。

QR(キューアール)コード

情報を素早く読み取る、 2 次元コードと呼ばれるものです。例えば、ホームページなどの長いアドレスを入力しなくてもカメラを向けて読み取るだけでそのサイトへアクセスすることが可能です。(以下のQR コードは Galaxy のサポートページへアクセスします。)

クラウド

物理的に容量が小さくても、インターネット上に使用している端末以上のデータを置いておける web サービスです。
容量によっては料金が発生したりするため、自身で確認が必要です。

■ さ行

SIM(シム)カード

各キャリアとの契約情報が搭載された IC カードを指します。miniSIM(標準 SIM)、microSIM、nanoSIM と種類があり、今の主流でスマートフォンで使用しているのは、nanoSIM を使用していることがほとんどです。 対応カードの確認は こちら を確認してください。

スワイプ

フリックと意味は似ていますがスワイプの場合、上下左右に画面に触れたまま比較的ゆっくり滑らせる操作のことをさします。ページの切り替えや、通知パネルなどを表示させる場合に使用することが多い操作です。

■ た行

タップ

画面を指で軽くたたいて操作をすること。何かを決定したりする場合に使用します。
1 回タップをシングルタップ、2 回タップをダブルタップといいます。

ダブルタップ

画面を指で 2 回軽くたたいて操作をすること。
画像の拡大や縮小、設定次第で画面の ON/OFF を切り替えることが可能です。

同期

2 つ以上の異なる端末間でデータ内容を共有させること。

■ な行

長押し

画面やアイコン、アプリなどを数秒間押し続けることを指します。押し続けることにより、アイコンが浮き上がったり、対象に対してのオプション画面が表示されたりと様々な要因が表示されます。

■ は行

ピンチアウト

2 本の指を使って画面に触れたまま指同士を離す操作です。
画像を拡大させるときなどに使用します。

ピンチイン

2 本の指を使って画面に触れたまま指同士を近づける操作です。
画像の縮小させるときなどに使用します。

フリック

スワイプと意味は似ていますがフリップの場合、画面に触れたまま上下左右に素早くはじくような操作のことを指します。キーボード入力や素早くページを進めたい場合の操作で使用します。

Bluetooth(ブルートゥース)

近距離型の無線通信の機能を指します。通信範囲内(10 m)に障害物があったとしても接続可能なため、Bluetooth で接続したワイヤレスイヤホンなどは、端末カバンやポケットに端末をしまっても途切れることなく使用することが可能です。

ペアリング

Bluetooth 機器を接続させて端末と紐づけることを指します。
紐づけをしていないと使用したい端末や Bluetooth を自由に使うことができません。

■ ま行

マルチウィンドウ

画面上を複数の領域に分割し、同時に動作させたり表示させる機能です。

モバイルデータ通信

携帯電話会社が提供している回線を使用して使えるインターネット通信のことを指します。
Web サイトを閲覧したり、メールの送受信をすることが可能です。

モバイルルーター

インターネットを利用するための持ち運びができる、小型の通信端末のことです。
Galaxy では Galaxy 5G Mobile Wi-Fi の取り扱いがあります。

■ や・ら・わ行

リフレッシュレート

1 秒間に画面を更新する頻度を指します。数値が高いほうが滑らかに動きますが、電池の消費も比較的高くなります。単位は Hz(ヘルツ)

Wi-Fi(ワイファイ)

スマートフォンや PC、タブレットなどを無線で接続しインターネットが利用できる技術を指します。ケーブルがいらないインターネット接続のため、すっきりした環境で利用することができます。

ご協力ありがとうございました。